スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城家菩提寺の記念碑完成

今年四月に山門頭に筑西市谷田部正躬氏のご寄付により
「結城家菩提寺」の記念碑が完成しました。

乗国寺と結城家の関係は、結城合戦で命を落とした、
十二代持朝公の菩提を弔う事から始まり、
その後十四代氏広公・十六代政勝公・十七代晴朝公の格別の帰依を受けました。

特に政勝公からは歴代城主の御廟を預かり、
晴朝公からは高野山とともに歴代城主の過去帳を預かりました。

又、乗国寺は結城家菩提寺として、在地武士たちの帰依を受け、
結城氏を盟主と仰ぎながらも独自の行動をとる
山川氏・下妻の多賀谷氏・下館の水谷氏に受容され、
次々に山川家菩提寺長徳院・多賀谷家菩提寺多宝院・
水谷家菩提寺定林寺等の末寺を建て、
又それぞれ東光寺・正法寺・芳全寺等、武士の連合関係により発展しました。

今後結城家菩提寺の法灯を護持して行きたいと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。